初めてトロフィーを作成するときは、自分の目的に合う条件を絞っておくといいでしょう。置き場所などもありますからサイズの確認や、大勢の人でお金を出し合うときには金額の目安も考えておきます。安いものは数千円という驚くような金額で買うことができますが、印字ができないこともあります。記念に文字を入れたオリジナリティーあふれるものにしたいのかということも考えましょう。そして、少し前までは金属や樹脂製のカップ状のものが主流でしたが、最近はクリスタル製のスマートなデザインも登場しています。贈る相手や、チームなど目的に合ったものを探すようにしましょう。たくさんの種類があって困ってしまいますが、条件をしっかりと絞り込めば、自然に合ったものが見つかります。

安いトロフィーを見つけるポイント

初めてトロフィーを作る時は、金額の差に驚いてしまうかもしれません。1,000円ほどで買えるものから、数万円という単位のものまで幅広く取り揃えられているからです。できるだけ安く済ませたいときは、デザインが古くなってしまった型落ちなどを狙うといいでしょう。ものによっては、半額程度で購入できるので、安い予算でも満足のできる仕上がりになります。こういった半額商品は、在庫限りの販売であることが多いので、気になった商品があれば早めに購入しましょう。後で買おうと思っているうちに、売り切れてしまうことがあります。サッカーなどでは、メンバーの数だけなど複数必要になることもあります。個数の相談なども、お店と話し合うことで、必要な数を揃えることができるようになります。

注文はできるだけ早く申し込みましょう

カップは注文すればいいというものではありません。大会名などを印字したいときや、クリスタルに3Dプリントしたいというときは、作成までに時間がかかります。そのため、必要になったときにはできるだけ早く行動しましょう。印字が必要でなくても、サイズや個数などの調整に時間がかかるかもしれません。希望のものを探すための時間を確保しましょう。早い納期の所では、午前中に注文すれば翌日に発送してくれる会社もありますが、すべての会社がそうではありません。印字する場合は、字体や文字数によって料金も変わってきます。オーダーメイドなので、作り直しができない商品です。きちんと考えて、正しい状態にしてから申し込むことが大切です。初めての場合は、お店の人に確認しながら申し込むと安心です。